TOP >
BACK | TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


わがままブリトニー、飛行機を遅らせる 

2007年05月29日 ()
芸能ニュース * ニュース
ブリトニー・スピアーズは先週末、西海岸から東海岸へ飛び、オーランドとマイアミでミニライヴを行なった。しかし、往きのフライトでは離陸直前に騒動を起こしていたらしい。革製のシートがないからという理由で飛行機を降りてしまったのだ。

ロサンゼルス発マイアミ行きのユナイテッド航空機に乗り込んだブリトニーは、扉が閉まり、他の乗客がシートベルトを締めて出発に備えている時に、突然、降ろしてくれと言って騒ぎだしたという。乗客の1人によると、「彼女は“この飛行機で行くのはイヤ。レザーのシートがないんだもの”と言い張っていた」そうだ。同機は離陸直前にやむなくブリトニーを降ろしたが、そのせいで出発が1時間も遅れてしまい、満員の乗客は怒り心頭だったとか。

この一件で罰が当たったのか、オーランドのHouse of Bluesで行なわれたライヴでは、サウンド・トラブルに見舞われてしまった。例によって口パクで「Do Somethin'」歌っている最中に、バックに流れていたCDが音飛びして何度も同じところを繰り返してしまい、ブリトニーは仕方なく観客に背を向けてごまかしていたという。

しかし、翌日のマイアミ公演はアクシデントもなく、ブリトニーは2日連続ソールドアウトのショウを終えると、深夜のプールで泳いだり、クラブをはしごして踊ったり、朝まで上機嫌でパーティしていたそうだ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.29(Tue) 23:53] エンタメTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

松岡農水相が自殺 議員宿舎で首つり自殺 

2007年05月29日 ()
悲しい出来事 * ニュース
28日正午ごろ、東京都港区赤坂2丁目の衆議院赤坂議員宿舎1102号室で、松岡利勝・農林水産相(62)が首をつっているのを秘書らが発見、119番通報した。警視庁によると、松岡氏は自殺を図ったとみられる。松岡氏は新宿区の慶応義塾大学病院で治療を受けていたが、午後2時、死亡が確認された。

 赤坂署によると、松岡氏はこの日午前10時ごろまで、宿舎の室内で秘書と話をしていた。その後、出かける予定だったが、正午ごろになっても本人が室内から出てこないため、秘書が、警護に当たっていた警察官と一緒に室内に入ったところ、松岡氏が居間のドアの金具に、布製のひもで首をつっていたという。

 松岡氏をめぐっては資金管理団体の光熱水費や事務所費の不透明な支出や、入札談合事件で理事らが逮捕された農水省所管の独立行政法人「緑資源機構」に関連する団体からの献金問題など「政治とカネ」をめぐる問題が野党から次々と追及されていた。

 松岡氏の資金管理団体をめぐっては、電気代も水道代もかからない議員会館を事務所としているにもかかわらず、政治資金収支報告書には05年までの5年間に光熱水費計約2880万円がかかったと計上していた。松岡氏は国会で「ナントカ還元水とかいうものを付けている」と答弁したが、その後は「適切に報告している」などと繰り返すだけで具体的な説明は一切避けていた。

 また、議員会館は家賃もかからないのに、年間約2500万~3300万円を事務所費として支出していたと政治資金収支報告書に記載していた。

 一方、緑資源機構をめぐっては、共産党が、林道などの事業と関係のある7政治団体を含む計9団体が松岡氏に約1億3000万円の政治献金をしていたと指摘している。

 このほか、出資法違反容疑で福岡県警の家宅捜索を受けた会社の関連団体のNPO法人申請をめぐって、松岡氏の秘書が審査状況について照会していたことが発覚。松岡氏の後援者に対し、都内の会社経営者が「松岡氏への資金協力」として渡した100万円が使途不明になっていることが判明するなど、「政治とカネ」をめぐる問題を指摘されることが絶えなかった。

 松岡氏は熊本県出身。69年、鳥取大農学部卒。69年に農林省に入り、天塩営林署長などをへて林野庁広報官を最後に88年農林水産省を退官。90年2月の総選挙で衆院議員に初当選し、当選6回。農水政務次官や衆院農水委員長、農水副大臣など一貫して農林水産畑を歩んできた。

 06年9月の安倍政権発足時に初入閣し、農水相に就任。農水族の中心的な存在として知られ、対中コメ輸出や豪州などとの経済連携協定(EPA)の交渉にあたっての手腕が買われた。安倍首相は「攻めの農政を進めるうえで必要な人材」と評価し、光熱水費問題をめぐっても擁護する姿勢を貫いてきた。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.29(Tue) 23:23] ニュースTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。